福島で寿司を食べるならミシュラン掲載の「鮨千陽(ちはる)」が超絶オススメ。

グルメ

大阪(福島)で寿司を食べるのであれば、ミシュランビブグルマンに選ばれた「鮨 千陽(ちはる)」がオススメです。ずっと気になっていたお店で今回ようやく行ってきました。ミシュラン2018ピブグルマンには、「鮨永吉」、「肴と鮨ほしつき」も選ばれていますが、お手頃価格で行けるのは千春です。全メニュー写真付きで掲載します。


大阪・福島の鮨千陽に行ってきました【口コミ】

ついに予約した日がやってきました。予約は17時からでしたが、JR福島駅に少し早く着いたので、店の場所を確認するとともに一度前まで行ってみました。

さすが、ミシュランガイド掲載店です。なかなかの雰囲気を持ったお店です。17時前まであたりをぐるっと歩いてみると、いろいろ良さげなお店がありました。そして、いよいよ17時少し前になったので、再度お店に行くと先にカップルがちょうど入るところでした。その2人に続いて、入ると店内はL字型のカウンターです。

少したつと、さらに韓国か香港っぽいカップル二人とマダム二人が入ってこられ、結局満席状態でした。

定刻になると、板前さんから自己紹介があり、コースのスタートです。まずは、前菜。

それぞれあっさりとした良い味付けです。続いてお造り。

絶対美味しいことは、写真からもわかると思います。

いよいよ握りのスタートです。全員分を一気に握ってから、順番にお皿に出してくれます。最初は、イカソーメン。

タマメの昆布じめ。タマメってなんだろうと思って調べてみると高級魚でした。

鯵の酢あらい。

漬けマグロ。

雲丹の三杯酢。

煮ホタテ。

エビの三色そぼろ。

煮穴子。

味噌汁。

デザート感覚で。

あと、女性のみ限定でフカヒレの煮こごり?がサービスで提供されていました。

どの握りもひと手間(実際には結構な手間かも?)がかかっていて、これまで食べていたお寿司は本当の江戸前寿司ではなかったのか!と思い知らされました。

この雰囲気とサービス、そして美味しいお寿司で3,500円は絶対安いです。2階は1階とはネタなども含めて全く違うとのことで、ぜひ2階にも行ってみたいです。

福島「鮨千陽(ちはる)」のランチは、前日までに予約がオススメです。

ランチは、2,800円のコースのみです(握り9貫、留椀)。公式サイトの予約ページを見ると、ディナーよりもランチの方が人気が高いのか選べる日時が少なかったです。前日までに予約した場合は、前菜1種を用意してくれるので、前日までの予約がオススメです。予約方法はとっても簡単でわかりやすいです。


「鮨千春」を予約してみよう。

千陽の予約は公式ページからできます。Web予約は2ヶ月先まで、当日予約は電話でOKとのことですが、今回1階も2階も満席でしたので、前日までに予約をしておいたほうが確実です。公式サイトの予約ページは、ランチとディナー1階の専用ページとディナー2階の専用ページに分かれています。

鮨千陽公式サイト

予約方法は、どちらかを選んで、人数と日時を選びます。あとは、名前、携帯番号、メールアドレスといった連絡先を入力して終わりです。


まとめ

福島にあるミシュラン掲載店のお寿司屋さんとしては、「鮨千陽」がコスパに優れ、オススメです。酢飯に刺し身を乗せて握ったのが寿司と思っていましたが、本当の江戸前寿司は手が込んであってびっくりしました。このネタとサービスで3,500円というのは、本当に安いのでリピートしたいと思っています。つぎは、2階にも行きたい。